洗濯槽クリーニング part3

洗濯機には

いろんなメーカーがあり、

いろんな機種があり、

いろんな年式もあり、

いろんな構造があります



ですから、分解しやすいもの、しにくいもの、

中には分解できないものもあります

あるメーカーさんのある機種は、

これまで3/50 94%の確率で分解できませんでした



最新式の 『斜めドラム式』 も対応いたしておりません

ご了承ください



以前こんなエピソードが・・・



見積りに行き、そこにあったのが斜めドラム式

しかしカビが浮いてきてひどいので何とかしたい

お客様になりすまし、と
あるメーカーに問い合わせ電話

『分解洗浄は対応しておりません』

『メーカー推奨の浸け置き洗剤がありますよ』

『最近よくありますよね~おそうじ本舗さんとか、

   ダOOOさんにお願いしてみては



だから、無理だから電話してるんだって

受話器を持ちながら必死で笑いをこらえる私でした


結局このお客様はその後、ご自分でメーカーを呼び、

専用の浸け置き洗剤を購入したそうです


他にも、しっかり洗えて無いなど不具合があり

基盤を交換してもらったら修復

分解洗浄は出来なかったけど、良いキッカケになり

喜ばれてました

どうやら斜めドラムが誕生してすぐ購入したものらしいです



洗濯槽クリーニングについて

まだまだ続きます

ページ上部へ